【キャンプ2年生】夫婦デュオキャンパーが買って良かったおすすめキャンプギア 7選

こんにちは!うみとまです。

2020年秋に本格的にキャンプを始めて、1年が過ぎました。色んなキャンプ場へ行けて、とても充実した年でした。

キャンプスタイルはハイスタイル→ロースタイル→お座敷と1年間で大きく変わり、キャンプギアもかなり変化しました。

ここ1年ほどでキャンプギアに費やした金額、ざっと計算してみると・・・

なんと35万円!!😅

うみまる
うみまる

使いましたネェ~・・・!

初心者は軽率にキャンプギアを買いすぎ説、ありますよね・・・?

ということで、35万円分の素敵なギアとの出会いがあったのですが、その中でも特に「買って良かった~!」と感じたギアを7つ選んでご紹介します。どれもこの先永~く使っていく事を確信しているギアです。是非ご覧ください。

(※値段は購入時のものです。今後変わる可能性もありますのでご了承ください。)

目次

HAPI 4P / Soomloom ¥29,700

1つめはSoomloomさんのワンポールテント「HAPI 4P」です。

素材はポリコットンで、使用サイズは長さ4.5mx幅4.3mx高さ2.8m。

定員は大人2人+子供2人くらいです。体格にもよりますが、全員大人だと4人はちょっと狭めかなと思います。

推しポイント① 設営が簡単

まず、なんと言っても設営が簡単です。大人2人であれば、15~20分程度で設営できます。また、付属の設営ガイドに沿ってペグダウンすることで、だれでも綺麗な設営が可能です。

推しポイント② 張り方のバリエーションが豊富

「HAPI 4P」は、多彩な張り方が出来ることも魅力です。少なくとも6パターン以上の張り方ができます。

季節やその時の気分によって、「今日はどの張り方にしようかな~」と考えられるのもキャンプの楽しみになります。我が家も色んな張り方で楽しんできたので、一部ご紹介します。

暖かい空気を逃がさないように出入口を狭めにした張り方
前室をつくることもできます
背面も開けることができ、風通しもGood!

推しポイント③ コスパ良し

お値段はなんと¥29,700!!(2021年10月購入時)

四季適応で一年中使えます。火の粉に強いポリコットンで、撥水加工されているので結露もしにくい。長さ調節可能なポールが2本と、ロープ7本、ペグ22本付きでこのお値段です。これはかなりコスパが良いのではないでしょうか。soomloomさんの経営が心配になりますね。

これだけ安いと気になるのは耐久性ですが、今のところ問題なく使えています。(2021年10月に購入、2022年1月現在で6回使用)

注意点① 重量が重い

素材がポリコットンなので、重量約16.4kgとポリエステルテントと比べて重いです。

徒歩キャンパーさんやバイクキャンパーさんは注意です。

X-ポット2.8L  / SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) ¥5,940~

続いて2つ目は、キャンプyoutuber「ヒヌマフウフ」さんの動画を見て気になっていた、折り畳みできる鍋。

SEA TO SUMMITさんの「Xポット」です。

2人分の麺であれば余裕

1.4Lと2.8Lがあり、我が家では2.8Lを愛用しています。素材は、側面がシリコン、底がアルミです。

推しポイント① 薄く折りたため、軽い

広げた時のサイズは約‎21×21×高さ11cm、容量はしっかり2.8Lと、2~3人分の料理には十分な大きさです。

折りたたんだ厚さは約3㎝、直径は約21㎝とかなりコンパクトに収納できます。

ペチャンコになります

調理器具は意外と場所を取りがちなので、これだけ小さくなるのはとても有難いです。大きさだけでなく、重さ約325gと軽い!荷物を減らしたいキャンパーさんにもおススメです。

推しポイント② 蓋に湯切り口がある

蓋には湯切り口が付いており、素麺やパスタなどの湯切りがこのままできるのです。麺を移し替える必要がないので、洗い物が少なく済みます

なんなら、この中にパスタソース等入れてしまえば、このX-ポット1つですべてが完結するのです。

麺好きキャンパーの皆さん、いかがでしょうか。

注意点① 側面のシリコンが溶けないように注意

1点注意しなければいけないことは、側面はシリコンでできており直接火が当たると溶けてしまうこと。

底面はアルミでできており、火を当てて良いのは底面だけです。

焚火の上で使用することはできないので、焚火料理をするキャンパーさんは要注意です。

石油ストーブ KR-47A / トヨトミ ¥39,600

続いて3つ目は、トヨトミさんの石油ストーブ「KR-47A」です。

ドーンと存在感あります

使用前の石油ストーブのイメージは、

  • 取り扱いが難しそう…
  • 火事になったらどうしよう…
  • 一酸化炭素中毒コワイ…

と、ネガティブなイメージばかりでした。

ですが、いざ使ってみると思っていたより簡単に使用することができ、我が家の冬キャンプには欠かせない存在になりました。

推しポイント① 電源がなくても冬キャンプできる

「KR-47A」に限らず石油ストーブ全般にあてはまる推しポイントですが、電源がなくても暖をとることができます。冬のぬくぬくキャンプ、最高ですよ😊

電気は石油ストーブより安全に使えるのがメリットですが、冬の電源サイトは人気で予約が取りづらい時も。かといって、ポータブル電源を買おうと思うと、容量によっては石油ストーブを買うよりさらにコストが掛かります。

また、我が家では「電源有り無しに関わらずいろいろなキャンプ場に行ってみたい!」という思いがあるので、電源のいらない石油ストーブは買って正解でした。

推しポイント② 見た目がおしゃれ

見た目はレトロな感じで、ナチュラルな色合いのベージュ色、キャンプの雰囲気にもピッタリです!存在感もあり、眺めているだけでテンション上がります。

ナチュラルな色合いが良い雰囲気を醸し出しています。ブラックもあります。

また、夜には燃焼筒とガラス製の外筒がオレンジに光って、とても綺麗なんですよ!

注意点① 大きくて重い

本体の重量は約11㎏、灯油を満タンに入れると重量約18㎏とかなり重たくなります。ただ、持ち運び用の取っ手が付いているので、力のある方でしたら問題なしです。

サイズも約56×47×47cmと大きく、車に積めるかどうか買う前に検討したほうが良いと思います。

注意点② 火事や一酸化炭素中毒には十分注意して使うこと!

先述しましたが、石油ストーブのデメリットはやはり安全面。周りに燃えるものを置かないなど火事には十分注意し、一酸化炭素チェッカーは必ず併用する等、自己責任で気を付けて使用しましょう。

焚き火台 TABI / ベルモント ¥11,000

4つ目は、ベルモントさんの焚き火台 TABI」です。

コンパクトでかわいいサイズ

これまでは某有名メーカーに似たものを使っていましたが、大きめで重量もあった為、コンパクトで軽量な焚き火台を探していました。見た目もカッコよく、愛用しています。

推しポイント① 薄くて軽くてコンパクト

とにかく薄くて軽い重さはなんと423ℊ、500㎖ペットボトルより軽いです。そして、収納時はコンパクト、A4の大学ノートくらいです。

パーツが細かく分かれ、それぞれが薄い
専用の収納ケースもついてくる

推しポイント② よく燃えてきれいな熾きができる

燃焼率も良く、一旦火が付けばほとんど仰ぐ必要もなくどんどん燃えてくれます。しっかりと全体的に燃えて、綺麗に熾きもできます。

燃焼率が良くきれいに熾きができます
専用のステンレス網もついてくる

注意点① 耐重量に注意

耐荷重は、火床15㎏・網5㎏で、薪の積みすぎや重い調理器具を乗せるときには注意です。

頑丈な焚き火台に比べたらやや耐荷重は劣りますが、普通に使う分には問題なさそうです。

コンプレッシブル ピロー / THERMAREST(サーマレスト) ¥3,080~

続いて5つ目は、THERMARESTさんの「コンプレッシブルピロー」です。

いろいろなデザインがあります

キャンプで熟睡するためには、快適な寝床を作ることが大事です。私たち夫婦はエアー枕の寝心地が苦手で、

  • エアー以外
  • 出来るだけコンパクトになる

という条件で枕を探していました。そんな時出会ったのがこの枕です。

推しポイント① 小さく収納することが出来る

くるくると丸めて収納でき、3分の1くらいの大きさまで小さくなります。

使用時。サイズMです。
くるくる丸めて収納

ただ、丸めて収納するので表面がシワシワになります。笑

重さは一番大きいLサイズでも約340gと軽く、荷物量を減らしたい人にもおススメです。

推しポイント② ふかっとした寝心地

マットレスを製する時に出るフォームの切れ端を使用して作られているので、程よい弾力と沈み込みで寝心地最高です。普段の寝心地と遜色なく、熟睡できます。

推しポイント③ 洗濯できる 

手洗いにはなりますが、洗うことができるので衛生面も安心です。

注意点① 厚めの枕が好きな人には不向きかも

コンパクトにできることもあって厚みはそこまでなく、頭を置くと結構沈み込むので、厚い&硬め枕が好きな人には不向きかもしれません。

500mlペットボトルと比べるとこれくらい。

詳しいレビューはこちら👇

キャンプ場でもフカフカ枕で寝たいあなたへ!コンプレッシブルピローがおススメ!

あわせて読みたい
キャンプや車中泊でも熟睡だ!コンパクトになるフカフカ枕なら「コンプレッシブルピロー」一択! 突然ですが、キャンプ場や車中泊で熟睡、できてますか? 私は朝までぐっすりです!! 眠りが浅いと疲れが取れず、疲弊した体で次の日を迎える…シンドイですよね…。 寝れ...

フォールディングキャリーカート / WHOLE EARTH(ホールアース) ¥15,400

6つ目は、特にマンション住まいキャンパーさんにはおススメ。WHOLE EARTHさんの「フォールディングキャリーカート」です。

推しポイント① 荷物運びがかなり楽になる

キャリーカートを手に入れる前は、荷物の積み込みに何往復もしなければなりませんでした。

たかとま
たかとま

出発前から疲れてました…。

しかし、このキャリーカートを使うと予想以上に荷物運搬が楽!!!有るのと無いのでは大違いです。

作りもしっかりしており、耐荷重は走行時で約80Kgと重量級の荷物でも問題なく運搬できます。また、極太タイヤが使用されているため、砂利や多量のぬかるみなど、悪路でも楽々です。

使わない時は折りたためるので、収納スペースがあまりなくても大丈夫。

ちなみに、現在私たちが使っているものは販売終了になりましたが、改良されたNewモデルが販売されています。

タキビ ウィンターサンダル・オーロラ ウィンターサンダル/NANGA×SUBU(ナンガ×スブ)¥7,700、¥6,600

7つ目は「キャンプギア」というよりは「キャンプファッション」ですが…

NANGA×SUBUさん「タキビ ウィンターサンダル」「オーロラ ウィンターサンダル」です。

左:オーロラ ウィンターサンダル  右:タキビ ウィンターサンダル

我が家はお座敷スタイルのため、トイレに行くときなど靴を楽に脱ぎ履きできるよう購入しました。

推しポイント① 脱ぎ履きが容易

スリッパなので容易に脱ぎ履きできます。トイレ行きたいけど、靴履くのがメンドクサイな…と我慢することがなくなりました。

推しポイント② 履き心地良く、足元が暖かい

足に触れる内側が起毛素材でフワフワの履き心地、また4層構造のインソールでフカフカ感のある歩き心地です。締め付け感もなく、リラックスできます。

ふかふかの履き心地
4層構造のインソールで底は厚みがあり,ふかふか

防寒性については、正直ナメてました。(ごめんなさい。)まぁ所詮スリッパだし…と防寒性はそれほど期待していなかったんですが、さすがNANGA×SUBU様…!かなり暖かいです!!

我が家は外で使用していますが、テント内シューズとして使うのも良さそう。

推しポイント③特徴ある生地

タキビ ウィンターサンダルの外側の生地は、コットンライクな難燃性の生地を使用しているので、焚火の際も気軽に履くことができます。(※不燃性ではないので、熱により焦げたり穴が開くことはあるそうです。)

一方、オーロラ ウィンターサンダルの外側の生地は、ナンガ独自の防水透湿素材”AURORA-TEX”を採用しています。雨水からの濡れを軽減してくれるそうです。

左:タキビはコットンのようなマットな表面。やや汚れやすいです。右:AURORA-TEXはツヤ感ある見た目 

どちらも魅力的な生地なので、目的にあった方を選ぶと良さそうです。

注意点① サイズはやや大きめを選ぶこと

サイズ感はやや小さ目に作られている印象です。防寒のために厚めの靴下を穿く場合等も考えて、普段よりも大きめを選ぶことをおススメします。

ちなみに、普段23.0cmを選ぶうみまるはサイズ0(22~23.5cm)、普段26.5cmのたかとまはサイズ2(26~27.5cm)を選びました

焚き火シーンでも使える難燃性サンダル ¥7,700

雨の日でも使用できる防水加工サンダル ¥6,600

まとめ

「夫婦デュオキャンパーが買って良かったおすすめキャンプギア 7選」と題して、買って良かったキャンプギアを紹介しました。

うみとま
うみとま

素敵なキャンプギアとの出会いに感謝!

気になるギアがあればぜひチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次