キャンプや車中泊でも熟睡だ!コンパクトになるフカフカ枕なら「コンプレッシブルピロー」一択!

突然ですが、キャンプ場や車中泊で熟睡、できてますか?

私は朝までぐっすりです!!

眠りが浅いと疲れが取れず、疲弊した体で次の日を迎える…シンドイですよね…。

寝れない原因は

  • 寒い
  • 地面が固い
  • 場所が変わるとそれだけで寝れない

と、人によって色々あると思いますが、枕が合わないという可能性もあるのでは?

THERMAREST(サーマレスト)さんの「コンプレッシブルピロー」を使えば、寝れない問題は解決するかもしれません!

目次

購入の経緯

(はやく紹介して!という方は「コンプレッシブルピロー規格」まで飛んでください。)

まとまった睡眠時間がとれないとかなり消耗してしまうタイプなので、普段から睡眠環境は重視しています。寝るの大好き!

もちろんキャンプ場でも!と、マットや布団・湯たんぽはしっかり準備しましたが、枕は無くても大丈夫でしょ!と持って行きませんでした。

結果、眠り浅すぎ&首が痛い…

その反省を生かして色々試行錯誤しましたが、

  • タオルを重ねて枕にする→高さは調整できるけど、もう少し柔らかいほうが…
  • エアー枕→空気独特の反発感が苦手…

と、どれも合わず。

やはり枕本体を持って行かないとダメか…でも荷物になるな…と悶々としていた時に出会ったのが、「コンプレッシブルピロー」です。

「コンプレッシブルピロー」規格

スクロールできます
サイズ3種類(S,M,L)
寸法S→30×41×10cm、M→36×46×10cm、L→41×58×10cm
重量S→198g、M→255g、L→340g
材質起毛ポリエステル
カラー6種類
値段(税込)S→¥3,080、M→¥3,520、L→¥4,620

我が家ではMを愛用しています。

コンプレッシブルピローの見た目とサイズ感(Mサイズ)

左:ムーン 右:デニム

ペットボトルと並べてみました。

横から見た感じ。

重さは一番大きいLサイズでも約340gと軽く、荷物量を減らしたい、軽くしたい人におススメです。

「コンプレッシブルピロー」の推しポイント

「コンプレッシブルピロー」の推しポイントは次の3点です。

  1. ふかっとした寝心地
  2. 小さく収納することができる
  3. 洗濯可能

ふかっとした寝心地

マットレス製造時に出るフォームの切れ端を使用して作られているため、超ソフトな触り心地です。低反発ではなく、ふかっと沈み込む感じ。

普段から柔らかい枕を使っている人におススメ!

熟睡しすぎて写真を撮られている事に気づかない。

小さく収納することができる

ピローの端にポケットがついており、くるくると丸めて収納できます

これで3分の1くらいの大きさまで小さくなります。

ペットボトルと比較してみるとこんな感じ。

ペットボトルとの比較

荷物をコンパクトにしたい人におススメ

ただ、丸めて収納するので表面がシワシワになります。笑

また、収納していた状態から広げた直後は、全体的に萎み気味。中の素材も縮んでいて、薄っぺらい感じがあります

広げた直後のピロー

しばらく放っておくとふっくらしてきますので、ご心配なく!!

1時間くらい放っておいたピロー。だいぶふっくら。

洗濯可能

頭って結構汗をかきますよね。コンプレッシブルピローは手洗いできますので、衛生面も安心です。

枕を定期的に洗いたい人におススメ!

コンプレッシブルピローを洗ってみた

公式HPによると、

ぬるま湯で一般的な洗濯洗剤を使用し、手で押し洗いして下さい。 しっかり濯ぎ、手で押しながら脱水して下さい。乾燥は、風通しのよいところで陰干しして下さい。

https://www.e-mot.co.jp/therm-a-rest/

とのこと。

我が家で普段から使っている洗剤を使用して洗ってみます。

中の素材は、かなり水を吸う素材のようです。絞っても絞っても水が出てきます。笑

キリがなさそうなので、脱水はほどほどで切り上げて陰干し。

水を吸ってなかなか重いです

完全に乾きました。

洗っていないピローと比べて見た目はほぼ変わりませんが、寝た時のフカフカ感が増しました

触った感じ、弾力も増した気がします。

洗ってみた感想

洗濯自体は簡単。

が、脱水が大変なのと、水を吸っているのでなかなか乾燥しませんでした。

乾いたかな~と思っても、ギュッと握ると水が染み出てきたりして、完全に乾いたのは約1週間後。

フカフカ度が増しますし、汗も吸っているから洗って良かったですが、使う予定があるときは余裕を持って洗濯すること。

普段のお手入れとしては、ファ●リーズ等で手軽に消臭殺菌でも良さそうです。

「コンプレッシブルピロー」の注意点

「コンプレッシブルピロー」の注意点は次の1点。

  1. 厚め・硬めの枕が好きな人には不向き

厚め・硬めの枕が好きな人には不向き

コンパクトにできるほど柔らかいので、頭を置くと結構沈み込みます。

厚い&硬めな枕が好きな人には、おススメできません。

まとめ

寝心地最強の「コンプレッシブルピロー」。

実際に使用して感じた点を紹介しました。

「コンプレッシブルピロー」は、こんな人におススメ!
  1. 枕は使いたいけど、エアー枕は苦手
  2. 柔らかい枕が好き
  3. 低い枕が好き
  4. 荷物は少なくコンパクトにしたい

我が家はキャンプだけでなく、車中泊にも利用しています。

昼寝にも最適、クッションとしても使えますよ~!

さぁ、あなたもレッツ熟睡キャンプ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次